タグ: 寿司

寿司が食べたい。

バンコクで暮していると、どうしようもなく寿司が食べたくなることがあります。日本に住んでる時は、寿司は好きでしたが、寿司に対する執着はありませんでした。

ラーメンも同じです。時々、無性にラーメンが食べたくなる。近年バンコクは日本のラーメン屋さんが出店しているので、そこそこ上手いラーメンを200バーツ程度で食べられるようになったのは、うれしい限りです。

寿司は、本当に上手い寿司は、かなり高価になるので、なかなか口にするチャンスが無い。お美味しいお寿司屋さんはあるけども、ネタを日本から空輸していてコストがかかるので、毎日気軽に食べられる価格にはどうしてもならない。
であれば、何故もっと地元で採れるネタを使わないのだろうか。
タイで取れる魚と、日本の魚が違うことはわかるけども、価格差と手間暇を考えれば、タイにも美味しいネタはあるのではないかと思うのです。とういか、お寿司屋さんは、寿司ネタは日本から空輸するものだと、客の視点に立たずに定義しまってはいないだろうかと思うのです。
日本から空輸する、日本と変わらない味を提供する「高級寿司」は、それは存在価値がありますが、それとは別のカテゴリーで地元のネタを中心に、上手い寿司を、安く提供してくれるお店が出てこないものでしょうか。